食物アレルギー検査の正しい理解

パパ・ママがアレルギー体質だったので、試しにお子さんの食物アレルギーの血液検査をしたら、陽性だった…。「うちの子、食物アレルギーなんだ」と思ってしまいがちです。ですが、それだけで食物アレルギーと決めつけるのは「ちょっと待った! 」です。本当にその食品を食べてアレルギー反応が出るかどうかは、まだ分かりません。確定ではないのです。

これは一体どういうことなのか。今回は「食物アレルギーの検査と診断」についてみていきたいと思います。

食物アレルギー診断の流れ

ある食品を食べて出た症状の病歴が明らかに食物アレルギーとして確定的であると医師が判断した場合を除くと※ⅰ、食物経口負荷試験を行って“食物アレルギー”と診断するのがベストです。ですが、食物経口負荷試験を行うには、時間もかかりますし、アナフィラキシーを起こしてしまうリスクもゼロではありません※ⅱ。また、行える施設も限られているのが現状です。そこで、食物経口負荷試験に至るまでに、いくつかの問診や検査を行って、補助的に診断することが多いのです。ただ、あくまで確定診断は食物アレルギーの症状が出ることですので、血液検査などのみで食品を除去している場合は、食物経口負荷試験の必要があるのかどうか、主治医に尋ねて頂くのもよいのではないでしょうか。

では、検査の流れをみてみましょう

  • ① 問診・食物日誌チェック
    まず、問診や食物日誌のチェックで原因アレルゲンの推定を行います。特定の食品を食べて、典型的なアレルギー反応と考えられる症状が起これば、食物アレルギーの可能性が高いといえます。食べた後、すぐに症状が出れば因果関係は分かりやすいのですが、なかには症状が出るまでの時間が長い場合があります。そんなとき、食物日誌が役立つのです。
  • ② 血液検査
    アレルギーを引き起こすIgE抗体が血液中にどれだけあるかを検査します。結果は、0~6のランクで示され、数字が大きい方が、IgE抗体が多いことを表します。ただし、血液検査で数値が高くても、実際にその食品を食べて症状が出ない場合には、その食品を除去する必要はありません。
  • null

  • ③ 皮膚テスト(プリックテスト)
    アレルゲンを含む試薬を皮膚に落とし、その上から皮膚テスト用の血の出ない針を軽く押し当てて反応をみる検査です。少し時間をおいてから、皮膚が赤く腫れた場合は陽性と判断します。検査をすればその場で結果が分かる点はメリットですが、お子さんの年齢やその時の身体状況、内服薬の有無、検査する部位によって、結果が違ってくることがある といった限界もあります。
    ※②の血液検査か③の皮膚テストは、どちらか一方を行うことが多いです。本来は、食物経口負荷試験を行うことが望ましいのですが、現実的に難しい場合には、②か③に、必ず問診や食物日誌の情報と組み合わせて判断します 。
  • ④ 食物経口負荷試験
    これは、病院で疑わしい食品を摂取して、症状の状態を直接確認する検査で、最も確実な診断法です※i。ただし、強い症状(アナフィラキシーなど)が出る場合があるため、検査のプランを主治医とよく相談しましょう。この検査で食物アレルギーの診断は確定となります。逆に負荷試験で陰性(症状なく食べられた)の場合は、血液・皮膚検査の結果に関わらず「食べられる」ことになります。

検査の開始時期

検査は生後何か月から行えるというように考えるものではありません。というのも、生後1ヶ月でも検査自体は行うことができますが、まだ抗体を作る力が弱いので、結果の解釈がよく分からないのです。食物アレルギー診療ガイドライン2012※iに「即時型アレルギー反応で発症し、食物アレルギーの関与が疑われる場合は、その食品について免疫学的検査を行う」と記載されているように、アレルギー症状を疑った場合に、診断の補助として血液検査や皮膚検査を行います。そして、親のアレルギー歴があるなどのハイリスク児であっても、離乳食前(アレルギー症状の有無が分かる前)に一様に検査をすることは推奨されていません※ⅳ。
さらに、報告によっては、血液検査のみの診断では偽陽性(食べられるのに間違って食物アレルギーと診断してしまうこと)が多くなってしまうため、食物アレルギーの症状の既往が無ければ、検査すべきでないとするものまであります。

食物日誌について

食物アレルギーを診断する第一歩が問診と食物日誌です。原因となるアレルゲンが分かりにくい場合には、食物日誌を書いてみましょう。きちんと書いていけば、症状と食品の関連性が明らかになります。うまく原因を見つけられなくても、専門医の先生と一緒に探せば、疑わしいアレルゲンが見つかる場合があります。原因が分からずに除去の食品を増やしていくのはおすすめしません。悩んでいるパパ・ママは食物日誌をつけて専門医にみてもらいましょう。

食物アレルギーの検査や診断は、このように行われています。自分一人で悩まず、心配や疑わしい症状がある場合は専門医に相談してください。

ここがポイント!

  • 食物アレルギーの検査には、血液検査、皮膚テスト、食物経口負荷試験がある。最も確実な診断法は、食物経口負荷試験。
  • 検査だけでなく食物日誌の情報が重要!


i:日本小児アレルギー学会 食物アレルギー委員会著「食物アレルギー診療ガイドライン2012」
ⅱ:Sampson HA, et al. Standardizing double-blind, placebo-controlled oral food challenges: American Academy of Allergy, Asthma & Immunology-European Academy of Allergy and Clinical Immunology PRACTALL consensus report. J Allergy Clin Immunol 2012;130:1260-1274.
ⅲ:Burks AW, et al. ICON: food allergy. J Allergy Clin Immunol 2012;129:906-920.
ⅳ:Boyce JA, et al. Guidelines for the diagnosis and management of food allergy in the United States: report of the NIAID-sponsored expert panel. J Allergy Clin Immunol 2010;126(suppl):S1-58)

監修者

大矢 幸弘医師

大矢 幸弘(おおや ゆきひろ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科医長 医師

詳しくはこちら

夏目 統医師

夏目 統(なつめ おさむ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科 医員 医師

詳しくはこちら