アレルギー予防のための離乳食の進め方

いよいよお子さんの離乳食が始まるといったタイミング。はじめて与える食品では、「食物アレルギーが出ないだろうか」と心配するお母さんも多いでしょう。特に三大アレルゲンを呼ばれる、卵・乳製品・小麦を子どもに与えるときは慎重になってしまうかもしれません。そんなお母さんのために、今回は離乳食の進め方について紹介いたします。

一般的な離乳食の開始

離乳食開始の目安としては、首のすわりがしっかりしている、食物に興味を示す、スプーンなどを口に入れても押し返すことが少なくなってきた(哺乳反射の減少)などが見られてきた生後5~6ヶ月頃のタイミングが推奨されています 。離乳食の初めの頃は1日1回から少しずつ始め、1ヶ月を過ぎたあたりから1日2回にしていきます※ⅰ。

離乳食と食物アレルギー

少し前まではアレルギー疾患の予防という点では、離乳食の開始時期を遅らせたほうがアレルギー疾患の予防ができるという考え方が普及していました。しかし、現在では離乳食の開始を遅らせることは、食物アレルギーの予防には効果がないことが明らかになっています※ⅱ、ⅲ。そのため日本小児アレルギー学会から発行されている食物アレルギー診療ガイドライン2012では、離乳食の開始は5~6か月を推奨しています。ヨーロッパのガイドラインでは4~6か月に開始することが推奨されています※ⅱ。このように離乳食の開始を遅らせるメリットは乏しいので、遅くとも生後5~6か月には少しずつ食品に慣れさせるよう離乳食を開始しましょう。

null

食物アレルギーに対しての不安が強い場合

パパ・ママが食物アレルギーをもっているなど、食物アレルギーに対して不安が強い方もいると思います。不安が大きい場合、初めての食材を与えるときは、日中の病院が開いている時間帯にあげるようにします。そして、食物アレルギーを疑う症状(「食物アレルギーを知ろう」をご参照ください)があれば、すぐに診察を受けましょう。医師がアレルギーの可能性が高いと判断した時は血液検査などをするのもいいでしょう。ただし、アレルギー症状が出たこともなければ、食べたこともない食品について血液検査だけで判断しようとすると、不必要な除去に至るケースなど、デメリットもありますので注意が必要です(「食物アレルギー検査の正しい理解」をご参照ください)。

そうは言っても食べさせるのが不安でというママは、少量から少しずつ増やすようにして下さい。食物アレルギーの場合、1回で食べる量が増えれば増えるほど症状が強くなります。ですので、食べても大丈夫という量を見つけておいて、そこから少しずつ増やしていけば、もしアレルギー症状が出たとしても軽い症状で済むことがほとんどです。また、体調が優れないときには、もし嘔吐などをしても、アレルギー症状なのか見分けがつきにくい時もありますので、初めての食材を与えるときは元気なときにしましょう。

食物アレルギーと離乳食は、ネット上などでも様々なうわさが拡散しており、不安を抱えてしまうパパ・ママが少なくありません。正しい知識を知り、心配なことは医師と相談をしましょう。離乳食は赤ちゃんの心も体も豊かに育んでくれます。親子ともに楽しい離乳食ライフを送っていきましょう

ここがポイント!

  • 離乳食は生後5~6ヶ月から! 遅らせても食物アレルギーの予防にはならない。


ⅰ:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」平成19年
ⅱ:de Silva D, et al. Primary prevention of food allergy in children and adults: systematic review. Allergy. 2014;69(5):581-9.
ⅲ:Sausenthaler S,et al. Early diet and the risk of allergy: what can we learn from the prospective birth cohort studies GINIplus and LISAplus? Am J Clinical Nutrition 2011;94:2012S-2017S

監修者

大矢 幸弘医師

大矢 幸弘(おおや ゆきひろ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科医長 医師

詳しくはこちら

夏目 統医師

夏目 統(なつめ おさむ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科 医員 医師

詳しくはこちら

関連のある用語・基礎知識