食物アレルギーと遺伝

「私が卵アレルギーだったから、この子もそうかもしれない!」。自分の食物アレルギーがお子さんにも遺伝しているかもしれない、と悩むパパ・ママも少なくないでしょう。特定の食品に反応してしまう体質は子どもに遺伝してしまうのでしょうか。

今回は食物アレルギーと遺伝の関係をみていきたいと思います。

食物アレルギーは遺伝しない

食物アレルギーそのものは遺伝しません。親が卵アレルギーだとしても、子どもが卵アレルギーになるとは限りません。特定の食品による食物アレルギーが発症するかどうかは生まれもった先天的なものではなく、後天的なものです。そのため、親が卵アレルギーだからといって、子どもも同じ卵が食べられないかも、という過度な心配は不要です。

null

アレルギー体質は遺伝することも

食物アレルギーでの○○アレルギー(○○は食品名が入ります。例:卵、牛乳など)は遺伝しないのですが、アレルギー体質は遺伝することがあります。少しややこしいですよね。分かりやすく解説します。
パパ・ママ、または先に生まれたお子さん(お兄さん・お姉さん)の中に、アレルギー疾患がある場合は、生まれてくるお子さんがアレルギー体質、つまり、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎になる可能性が高くなります※ⅰ。アレルギー体質自体は遺伝する一方、ある特定の食品に対してアレルギー反応を起こすかどうかは、遺伝ではなく、生まれてからの環境に左右されると考えられています。

アレルギー体質の方は

近年は、食物アレルギーは肌荒れとの関係も指摘されています。肌荒れで炎症が起きたり、乾燥や皮膚が剥けていてバリア機能が落ちていると、食品(例えば卵や小麦など)が皮膚に触れた時に、過剰にIgE抗体による免疫システムが反応して、食物アレルギーの症状が出るのではないかと考えられています※ⅱ 。また、ホコリの中には、アレルゲンとなる食品が検出されることが分かっています(例えばホコリの中のピーナッツタンパク質など)※ⅲ。もちろんホコリの中に含まれる食品のタンパク質は目に見えないため、避けることはできません。そのため、特にアレルギー体質の方は、お子さんの肌の状態を健康に保ち、肌荒れや炎症を防ぐことが大切です。
(動画「泡の作り方」「赤ちゃんの洗い方」「軟膏の塗り方」もご参照ください)

食物アレルギーそのものは遺伝しない、という事実。少しは安心できた方もいるのではないでしょうか。親が特定の食品に対する食物アレルギーだからといって、その食品を不必要に除去する必要はないのです。そして、アレルギー体質になりやすいと思われる子は、健康な皮膚を保つよう心がけましょう。

ここがポイント!

  • 特定の食品に対するアレルギーは遺伝しない。
  • アレルギー体質の方は、スキンケアで皮膚を健康に保ちましょう。

こちらも併せてご覧ください。

監修者

大矢 幸弘医師

大矢 幸弘(おおや ゆきひろ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科医長 医師

詳しくはこちら

夏目 統医師

夏目 統(なつめ おさむ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科 医員 医師

詳しくはこちら