食物アレルギーとアナフィラキシーショック

皆さんは「アナフィラキシーショック」をご存知ですか。これは意識障害などの症状が出て、突然倒れてしまうこともある危険な状態です。食物アレルギーで重篤な反応が出た場合、このような状態になることも有り得るのです。そうならないためにも、食物アレルギーに対しての基礎知識を持ち、アナフィラキシーショックを未然に防げるように日頃から注意しておくことが大切です。

今回は、食物アレルギーとアナフィラキシーショックの関係について、詳しく学んでいきましょう。

アナフィラキシーショックとは

null

食物アレルギーは、症状の強さで3つに表現されます。症状の軽い順に、「即時型アレルギー反応」、「アナフィラキシー」、「アナフィラキシーショック」の3つです。

「アナフィラキシー」の定義は、簡単にまとめると、全身の皮膚のじんましんだけといった1つの臓器に留まらず、複数の臓器に重い症状が現れるものをいいます。複数の臓器とは、皮膚(全身のじんましんなど)、呼吸器(呼吸困難、喘鳴など)、消化器(激しい腹痛、嘔吐)、循環器(血圧低下、意識障害)で、これらに同時に症状が現れます※ⅰ、ⅱ 。また、さらに血圧低下や意識障害などのショック症状を伴う場合には「アナフィラキシーショック」と呼ばれます。これは生命をおびやかす危険な状態で、早急な対応が必要です。


アナフィラキシーの治療薬

アナフィラキシーの治療薬として即効性があり、治療効果が高いのはアドレナリン注射(日本での商品名はエピペン®)です 。血圧が低下している場合は点滴を併用します。他の併用する薬としてはヒスタミンH1受容体拮抗薬、β2刺激薬(気管支拡張薬)、ステロイドがあります※iii・iv。ただ、ステロイドは明らかな効果が立証されているわけではありませんⅤ。吸入のβ2刺激薬以外は効果発現までに時間がかかりますので、アドレナリン (エピペン®)が最優先とされています※iii~ⅴ 。

エピペン®とは!?

アナフィラキシーを起こしたことのある人やアナフィラキシーを起こす危険性の高い人は、医師から「エピペン®」が処方されます。エピペン®は、アドレナリンというアナフィラキシー症状を緩和する成分を、自分で注射することのできる自己注射器です。これは緊急時に病院外でアナフィラキシーの症状になってしまった場合に、進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤です。使用後には、速やかに病院を受診しましょう。日本では体重15~30kg用のエピペン®注射薬0.15mgと、体重30kg以上用のエピペン®注射薬0.30mgの処方が可能です

アナフィラキシーを疑うときの対応

① 下記の症状が1つでもあれば、エピペン®を打ちます。

null

② エピペン®を持っていない場合、またはエピペン®を打ったら、すぐに救急車を呼びます。そばに誰かいるならば助けを呼び、一人はお子さんのそばにいるようにします。
エピペン®投与後、有効成分(アドレナリン)の血中濃度は、30分後にはピーク時の半分以下になっており 、効果が減ってきますので、必ず救急車で病院に行きましょう。

③ 仰向けにして、足を少し上げておきます(血圧が下がっているときに、できるだけ脳に血液が行くようにするためです)。呼吸が苦しそうなときは、体を起こした方が楽になりますし、吐いたり吐きそうなときには、吐いたものが詰まるのを防ぐためにも横向きに寝かせます。

いかがでしたか。アナフィラキシーショックは生命にもかかわる、危険な反応です。起こらないようにするためには、まずは食物アレルゲンの除去による予防が大切。ですが、アナフィラキシーかも!?と思ったら、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

ここがポイント!

  • アナフィラキシーショックは、命にかかわる危険な反応。
  • アナフィラキシーが起きたら、持っていればエピペン®を打って、すぐに救急車を呼ぶ。


ⅰ:The management of anaphylaxis in childhood: position paper of the European academy of allergology and clinical immunology.  Allergy. 2007; 62(8):857-71.
ⅱ:Sampson HA, et al. Second symposium on the definition and management of anaphylaxis: summary report: Second National Institute of Allergy and Infectious Disease/Food Allergy and Anaphylaxis Network Symposium. J Allergy Clin Immunol. 2006;117:391–397
ⅲ:Simons FE, et al. ;World Allergy Organization.World allergy organization guidelines for the assessment and management of anaphylaxis. World Allergy Organ J . 2011; 4 (2): 13-37 .
ⅳ:Dhami S, et al. ; EAACI Food Allergy and Anaphylaxis Guidelines Group. Management of anaphylaxis: a systematic review. Allergy. 2014;69( 2 ): 168-75 .
ⅴ:日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会著「アナフィラキシーガイドライン」2014年
ⅵ:Simons FE, et al. Epinephrine absorption in children with a history of anaphylaxis.J Allergy Clin Immunol. 1998;101(1 Pt 1):33-7.

監修者

大矢 幸弘医師

大矢 幸弘(おおや ゆきひろ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科医長 医師

詳しくはこちら

夏目 統医師

夏目 統(なつめ おさむ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科 医員 医師

詳しくはこちら