食物アレルギーを知ろう

食物アレルギーと言えば、「特定の食品を食べると、肌にブツブツができる反応でしょ!」と答えるお母さんは多いかもしれません。確かに、「受け付けない食べ物を食べたら、じんましんが出た」という話はよく聞きますね。しかし、食物アレルギーは皮膚のかゆみやじんましんばかりではありません。実は、症状が強い場合は意識がなくなったり、ショック症状(血圧が下がるなど)を起こす危険もあるのです。では、食物アレルギーは、どうして起こるのでしょうか。

これから、皆さんといっしょに食物アレルギーの基礎知識を学んでいきたいと思います。正しい知識を得て、むやみに不安がらず、しっかり乗り越えていきましょう。

今回は食物アレルギーのしくみや症状について学んでいきます。

食物アレルギーのしくみ

null

食物アレルギーは、特定の食品を食べたときや触ったとき、成分を吸い込んだときなどに、その食品に含まれるアレルゲン(主にタンパク質)に免疫システムが過敏に反応して起こります。
免疫システムの一部は、細菌やウイルスなどの病原体が体に入ってきたときに、抗体をつくってその病原体を攻撃し、体を守ってくれます。私たちにとって、とても大切な役割を担ってくれています。食物アレルギーでは主に、食品のタンパク質がIgE抗体にくっつき、それによって肥満細胞(マスト細胞)が活性化し、ヒスタミンなど(アレルギー症状を引き起こす物質)が放出さます。本来なら栄養として消化吸収するはずの無害な食品のタンパク質に対して、IgE抗体を作り、過敏に反応して症状が出てしまう。これが食物アレルギーのしくみです。

null

食物アレルギーを起こす免疫システムは、IgE抗体以外にもあるのですが、まだ詳しく分かっていません。ただ、食物アレルギーを起こす原因の大多数を占めるのはIgE抗体を介するものと考えられていますので、このサイトでは『IgE抗体に関連する食物アレルギー』について説明していきます。

食物アレルギーの全身症状

食物アレルギーで最も多い症状はじんましんなどの皮膚症状なのですが、以下のように全身に症状が起こります。しかし、症状の強さは人によって様々ですので、他のお子さんと比較をしてはいけません。

  • 皮膚の症状: かゆみ、じんましん、発赤
  • 目の症状: 結膜(白目やまぶたの裏)の充血、かゆみ、涙、まぶたの腫れ
  • 口腔の症状: 口中の違和感、腫れ、のどの痛み、イガイガ感
  • 鼻の症状: くしゃみ、鼻汁、鼻づまり
  • 呼吸器症状: 咳、のどのつまったような咳、声がれ、息苦しい、ヒューヒュー・ゼーゼーする
  • 消化器症状: 腹痛、吐き気、嘔吐、下痢
  • 循環器症状: 頻脈、手足が冷たい、くちびるや爪などが紫色や青白くなる
  • 神経症状: ぐったり、意識障害

null

特定の食品を食べたあと、上記のようなアレルギーを疑う症状が繰り返される場合は要注意です。①いつ、②何をどのくらい食べて、③何分後に、④どんな症状がどれくらい続いたのかを書き留めて、病院に行きましょう。その際に写真やメモなど記録をとっておくと、あとで役立つことがあります。

食物アレルギーを起こしやすい食材

170以上の食品で、アレルギー反応が起きたことが報告されています※1が、特にアレルギー症状を起こしやすい食品として、日本では、卵、牛乳、小麦、甲殻類(エビ・カニなど)、果物、そばが報告されています※2。海外では、これらの他に大豆、ピーナッツ、魚、ゴマ、軟体動物(イカなど)が多く報告されています※1。

食物アレルギーと間違いやすい病

いろいろな食品でアレルギーになる可能性があるからといって、食べた後に何か症状があればすべて食物アレルギーというわけではありません。たとえば、牛乳を飲むと体質に合わずにお腹がごろごろする人がいますね。実はこれは、食物アレルギーではないことも十分考えられるのです。食物アレルギーは「食品を食べたり、触ったり、吸い込んだりした時に起こる体に有害な反応のうち、免疫システムが働いているもの」と定義されています※3。この“免疫システムが働いているもの”の定義に当てはまらないものは食物アレルギーではありません。以下に3つ例を挙げます。

  • 「食物不耐症」は体質的に食物を消化できない病気です。牛乳を飲むとお腹を下す「乳糖不耐症(乳糖を分解する酵素が足りないため、牛乳を飲むと下痢をする)」も、このなかのひとつです。
  • 「食中毒」は食品のなかの病原体や毒素で発病します。ノロウイルスで汚染された生ガキを食べたときの下痢などです。
  • 「薬理活性物質(仮性アレルゲン)」は食品に含まれている化学物質が原因となってアレルギーのような症状を起こすものです。鮮度の落ちた魚によるじんましんはこれに当たります。今まで同じ魚を食べて大丈夫だったのにとか、他の魚は全部食べられるのに、など心当たりがある場合は、仮性アレルゲンの可能性を考える必要があります。仮性アレルゲンであった場合は不要な除去をする必要がなくなります。

食物アレルギーに対して漠然と不安を抱くパパ・ママは少なくありません。ネットなどでは、間違いだらけの常識がまかり通っていることもあります。しかし、正しい知識を身に付けることで「食物アレルギーをつくらない! 克服する! うまく付き合っていく!」ことが可能です。そうすることによって、生活の質を上げて、一人一人が自分らしく生きられるようにしていきたいですね。

ここがポイント!

  • 食物アレルギーの代表的な症状は皮膚症状。
    でも、全身に症状が出るのが、食物アレルギーで、症状の強さは人によって違う。
  • 日本では、卵、牛乳、小麦、甲殻類、果物、そばの食物アレルギーが多い。
  • 食べた後に症状が出ても、すべて食物アレルギーというわけではない。


※1.Burks AW, et al. ICON: food allergy. J Allergy Clin Immunol 2012;129:906-920.
※2. Akiyama H, et al. Japanese food allergen labeling regulation-history and ecaluation. Adv Food Nutr Res 2011; 62: 139-71
※3日本小児アレルギー学会 食物アレルギー委員会著「食物アレルギー診療ガイドライン2012」

監修者

大矢 幸弘医師

大矢 幸弘(おおや ゆきひろ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科医長 医師

詳しくはこちら

夏目 統医師

夏目 統(なつめ おさむ) 医師

国立研究開発法人
国立成育医療研究センター

生体防御系内科部アレルギー科 医員 医師

詳しくはこちら