1月おせち

赤や黄など彩りが華やかなおせち料理。ですが、卵アレルギーがある場合は卵焼き、伊達巻き、練り製品に気をつけましょう。黄色は、卵のかわりに栗きんとん(さつまいも、栗甘露煮)などを使ってアクセントにしてみましょう。

この献立のポイント

お正月の定番メニューも、工夫次第で卵・乳・小麦アレルギーでも安心して食べることができます。かまぼこや伊達巻きは市販のもので卵・乳・小麦不使用の製品を選ぶと、家族一緒に同じものを食べることができます。

1月おせち
エネルギー(kcal)369
たんぱく質(g)15.8
脂質(g)2.6
糖質(g)64.1
食物繊維(g)5.4
食塩相当量(g)2.6
ビタミンA(μgRAE)219
カルシウム(mg)130
鉄(mg)2.6

お雑煮

  • カロリー:136kcal
  • たんぱく質:4.3g
  • 脂質:0.8g
  • 塩分:0.5g
材料 (1人前)
もち 小1個
若鶏もも肉(皮なし) アレルギー表示義務・推奨品目 10g
大根 10g
にんじん 5g
ほうれん草 8g
だし汁 適量
0.3g
1g
しょうゆ アレルギー表示義務・推奨品目 1g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.だし汁に鶏、野菜を入れ火を通す。
  2. 2.調味料で味をととのえる。
  3. 3.焼いたもちを汁に入れてやわらかくしてから椀に盛付ける。

ページの先頭へ

野菜の煮しめ

  • カロリー:53kcal
  • たんぱく質:1.5g
  • 脂質:0.1g
  • 塩分:0.5g
材料 (1人前)
れんこん 20g
ごぼう 10g
里芋 25g
にんじん 10g
干しいたけ 1g
こんにゃく 20g
きぬさや 3g
だし汁 適量
砂糖 1.5g
みりん 1.5g
しょうゆ アレルギー表示義務・推奨品目 3g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.野菜は皮をむき、適当な大きさに切る。れんこん、ごぼうは水にさらす。
  2. 2.干しいたけは水でもどす。
  3. 3.れんこん、ごぼう、里芋、こんにゃく、きぬさやはそれぞれゆでておく。
  4. 4.3とにんじん、干しいたけをだしと調味料で煮る。煮詰まる前に火を止める。
  5. 5.きぬさやは盛付後に飾る。

ページの先頭へ

栗きんとん

  • カロリー:93kcal
  • たんぱく質:0.6g
  • 脂質:0.1g
  • 塩分:0.1g
材料 (1人前)
栗の甘露煮 15g
さつまいも 30g
砂糖 4.5g
くちなしの実 少々
0.1g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.さつまいもは皮をむき水にさらす。
  2. 2.鍋に水を適宜入れ、くちなしの実を入れて色をだす。色が出たらくちなしの実は取り出す。
  3. 3.2の鍋にさつまいもと砂糖を入れやわらかくなるまで煮つめる。
  4. 4.さつまいもは熱いうちにつぶす。
  5. 5.4に栗の甘露煮を入れて合わせる。

ページの先頭へ

かまぼこ、伊達巻

  • カロリー:39kcal
  • たんぱく質:3.9g
  • 脂質:0.9g
  • 塩分:0.6g
材料 (1人前)
卵・乳・小麦不使用かまぼこ(赤)堀川 10g
卵・乳・小麦不使用かまぼこ(白)堀川 10g
卵・乳・小麦不使用豆乳伊達巻堀川 10g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.かまぼこ、伊達巻はそれぞれ、食べやすく切って器に盛る。

ページの先頭へ

えびの姿煮

  • カロリー:33kcal
  • たんぱく質:4.7g
  • 脂質:0.1g
  • 塩分:0.7g
材料 (1人前)
有頭えび アレルギー表示義務・推奨品目 20g
みりん 4.5g
しょうゆ アレルギー表示義務・推奨品目 4.5g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.えびの背ワタをとる。
  2. 2.鍋に調味料を入れ、煮立ったらえびを入れ蓋をして火が通ったら取り出して器に盛る。

ページの先頭へ

小松菜のごまあえ

  • カロリー:15kcal
  • たんぱく質:0.8g
  • 脂質:0.6g
  • 塩分:0.2g
材料 (1人前)
小松菜 30g
砂糖 1g
しょうゆ アレルギー表示義務・推奨品目 1.5g
すりごま アレルギー表示義務・推奨品目 1g
=アレルギー表示義務・推奨品目
作りかた
  1. 1.小松菜は塩ゆでし、食べやすい長さに切る。
  2. 2.砂糖、しょうゆ、すりごまを合わせ、1とあえる。

ページの先頭へ

材料について

分量やサイズ

献立は3〜5歳のお子さんを想定してつくりました。分量や食材のサイズ(切り方)などは、お子さんの成長段階に合わせてご対応ください。

調味料

しょうゆや酢、ケチャップは、小麦が使用されている可能性がありますが、製造の過程でアレルゲンとなるたんぱく質が変性しているので、軽度の方ではアレルギー症状は起きません。ただし、しょうゆや酢でのアレルギー経験のある方や、使用経験のないお子さんの場合は、主治医にご相談ください。
その他の調味料についても、かならず表示をご確認の上、ご自身の責任においてご使用ください。

小麦アレルギーでも安心できるメニューにはしょうゆを使用しています。医師の指示でしょうゆを除去している場合はご注意ください。