アレルギーラボは、食物アレルギーに関する正しく新しい情報を、最前線の医療機関の協力のもとに情報発信していくWEBサイトです。
また同じ悩みをもつみなさんの声を共有したり、医療機関に繋いだり、アレルギー関連の企業に届けていくことで、みなさんのお手伝いをしていきたいと考えています。
ぜひ一緒に、アレルギーラボをつくっていきましょう!

アレルギーラボの運営

アレルギーラボは、国立成育医療研究センターと㈱リンクアンドコミュニケーションとの共同研究のなかで生まれたWEBサイトです。
食物アレルギーに関する正しい情報を広く伝えていくことを目的に、アレルギーラボ推進委員会と、㈱リンクアンドコミュニケーションで運営しています。
推進委員会には、食物アレルギーに関する医療の専門家が集結しています。


サイトアドバイザー

国立成育医療研究センター
医師 斎藤博久
国立病院機構 三重病院
医師 藤澤隆夫
国立病院機構 相模原病院
医師 海老澤元宏

アレルギーラボ推進委員

国立成育医療研究センター
医師 大矢幸弘(委員長)
あいち小児保健医療総合センター 副センター長兼総合診療科部長
医師 伊藤浩明
昭和大学医学部
医師 今井孝成
国立成育医療研究センター
医師 夏目統
元国立成育医療研究センター 現職 国立病院機構 相模原病院
管理栄養士 高橋美恵子
国立病院機構 相模原病院
管理栄養士 林典子
国立病院機構 相模原病院
管理栄養士 長谷川実穂

(株)リンクアンドコミュニケーション

 「食と健康」に関する情報WEBサイトの提供

調理力で健康!プロジェクト
糖質.jp
かわるナビ

「アレルギーラボ」を開発した理由

食物アレルギーのお子さまをもつママ・パパの気持ちに応えたい!

私たちリンクアンドコミュニケーションは、普段、管理栄養士などの専門家と協力しながら、食事指導や健康情報の発信を行っています。そのなかで食物アレルギーのお子さまを持つママ・パパから、こんな声が多く寄せられました。

食物アレルギーと診断されるまでに、いくつもの病院を回って、とっても不安だった

近くにアレルギー専門の病院がなくて、クリニックで簡単な検査しかしていないけれど、大丈夫かしら?

ステロイドを使用する医師と、ステロイドは良くないという医師がいて、どちらが正しいの?

卵アレルギーだけど、加熱したり少量だったり、どこまでだったら子どもに食べさせられるのかしら?

購入して食べられる商品や、アレルギーに対応してくれるお店の情報などをもっと知りたい!

除去してるけど、栄養バランスがどうなのか?とっても心配

こんな食物アレルギーのお子さまを持つママ・パパの、不安や心配な気持ちに応えたい!これが、私たちがこのWEBサイト「アレルギーラボ」をつくった出発点でした。

アレルギー医療最前線の専門家の方々との出会い

そこで私たちは、食物アレルギーに関して多くの研究成果や調査結果、症例を発表している国立成育医療研究センターに相談しました。国立成育医療研究センターは、食物アレルギーやアトピーの患者教室も定期的に開催し、患者向けの書籍や冊子などでも数多く監修している医療機関です。
私たちの思いをお話したところ、快く受け入れてくれ、食物アレルギーに関して、いろいろと教えて頂きました。

国立成育医療研究センターで教えてくれたこと

  • 食物アレルギーの治療には、日本小児アレルギー学会による「治療ガイドライン」が策定されていて、随時、新しく更新されていること
  • ・最新のガイドライン(2012年)では、「不必要な食物除去はしない、とくに0~1歳までの発症直後の食物除去は安易に行わない」というのが最近の考え方であること

しかし一方で、こんなお話もお伺いしました。

  • ・発症初期での不必要な食物除去から、食物アレルギーになってしまったケースが少なからずあること。
  • ・正確な診断を探して、何件も医療機関を受診される患者さまがいらっしゃること。

アレルギーラボを立ち上げた思い

食物アレルギーに関する情報が必要な方に十分に伝わっていないのでは?という問題意識から、「正しく新しい情報をちゃんと伝えたい」「みなさんの悩みが共有できる場をつくりたい」という思いから、WEBサイト「アレルギーラボ」を立ち上げました。
開発にあたっては、国立成育医療研究センターと㈱リンクアンドコミュニケーションの共同研究としてスタートし、多くの医療機関、専門家の先生方にご賛同をいただき、推進委員やアドバイザーとして、ご参加いただきました。

「アレルギーラボ」では、食物アレルギーのお子さまを抱えるママ・パパのために、以下を目指していきたいと思います。

  • ・正しく新しい情報で、ママ・パパの不安や心配な気持ちを少しでも軽くしたい
  • ・毎日の食事づくりを少しでも応援したい
  • 食物アレルギーに負けない暮らしをお手伝いしたい

アレルギーラボの決まりごと

アレルギーラボのお約束と努力

  • 1. 正しい情報発信のための3つのお約束

    正しい情報を発信するために、アレルギーラボでは以下の3つのことをお約束します。

    • (1) 情報の出典元を明記します。
      アレルギーラボの記事については、その出典元を明らかにすることで情報の信頼性を保証します。
    • (2) 情報の配信日を明記します。
      新しい情報を正確に届けるために、情報の配信日を明記します。
    • (3) 情報の執筆者・監修者名を明記します。
      だれがこの情報を発信しているのか、執筆者や監修者を明確に記載します。
  • 2. わかりやすさのための努力

    わかりやすい情報発信のために、アレルギーラボでは以下の3つを努力します。

    • (1) 専門用語は、極力減らしました。
      専門用語はできるだけ使わないよう、また使った場合は、用語集で解説するようにしています。
    • (2) 動画も掲載します。
      動画で伝えた方が分かりやすいコンテンツについては、動画を掲載しています。
    • (3) スマホでも見られます。
      普段の生活の中で利用してもらいたいので、スマートフォンでも見られるようにしています。

アレルギーラボをよろしくお願いします!!